まとめ サッカー ブランデュー弘前

ブランデュー弘前の2018年地域CLまとめ!初挑戦の1次Lは『1点』の重みを思い知る戦いだった

投稿日:

2018年11月9~11日、地域リーグ王者+3チームがJFL昇格への『2』という狭き門を争う地域チャンピオンズリーグ(以下地域CL)の1次リーグが開催されました

そして我らがブランデュー弘前、7シーズン目にして遂に地域CLへ挑むことになりました!

運よく割と近場の函館会場!こりゃ行くしかない!

さっそくレポをしたかったのですが、函館へ家族旅行兼ねて観戦へ・・・とか思ってたら旦那が休みとれない上に私がウイルス性胃腸炎で病院に点滴通いしながら3日間寝込むという間が悪すぎる大失態をかましましてね・・・

ツイッターのTLに函館からの様々なグルメが流れまくる間にジンクスのために無理やり食ったカツ以外固形物全く食えなかった状態で体重4k減とか正に地獄ッ・・・!

・・・まぁ私の事情はさておきまして、現地に行った皆様のレポや画像、動画などをまとめてみました

 

おさらい 地域CL 一次リーグ組み合わせとタイムスケジュール

ブランデュー弘前の日程と対戦相手は

11/9 13:30   VS 高知ユナイテッド

11/10 10:45 VS FC刈谷

11/11 13:30 VS 十勝スカイアース

となります

 

1日目 11/9 VS高知ユナイテッド

地域CL1次リーグA組函館会場、一日目は高知ユナイテッドとの戦い・・・なんですけど対戦相手以上の強敵がいらっしゃいっました

です

A・RA・SHI~♪A・RA・SHI~♪・・・ではなくて台風なみの暴風雨の中でのキックオフとなった模様です・・・

開幕は金曜日と言うこともありこの日ために有給を取ったサポさん達も続々と現地入りをしておりました

ちなみに選手は昨晩現地入りだったようです

そんなわけで遂に地域チャンピオンズリーグの幕は上がりました!

1日目

10:45 FC刈谷 VS 十勝スカイアース

13:30 ブランデュー弘前 VS 高知ユナイテッド

午前の結果は十勝スカイアースが先制するもFC刈谷が同点に追いつき、十勝に退場者が出てFC刈谷に逆転され3-1でFC刈谷の勝利でした

そして午後になり13:30、遂にブランデュー弘前の初戦がキックオフ!!!

いつものことながら入りが悪く、押し込まれる場面の多かったブランデューが早々に失点してしまう

しかし徐々にペースをつかみ始め、前半終了間際に高知Uに退場者が出る午前の十勝VS刈谷の試合の再来かのような展開で折り返す

後半、大和からのクロスをネモさんがヘッドで決めてブランデューが同点に追いつきます!

根本直弥ー!オレオレオレー!根本直弥ー!オレオレオレー!

そして秀賀とムバ投入でますます攻勢を強め、DFが防ぐも止めきれず秀賀のシュートがゴールに吸い込まれ逆転!!!

荒井秀賀が止まらない!!!

そしてPA内でムバが倒されPK獲得!キッカーは大和!

落ち着いてズドン!

終了間際に一点返されるもそのまま逃げ切り、ブランデュー弘前初戦大勝利!!!

おめでとうブランデュー!やったねブランデュー!

その他の地域も含めた一日目の結果はこちら

Group-A

刈谷 3-1 十勝

弘前 3-2 高知U

Group-B

浅間 1-0 加古川

鈴鹿U 1-1 JF宮崎

Group-C

松江C 2-1 お京都

栃木U 1-1 福井

二日目 11/10 VS FC刈谷

嵐の初戦から一夜明け、好天に恵まれたこの日はまさに決戦の土曜日!

一日目の勝者同士がぶつかるA組天王山、勿論勝った方が決勝への可能性がグッと高まる一戦です

土曜日から函館入りというサポも多く夜が明ける前に次々とフェリーに乗りこみブランデューの試合に駆け付けていた模様です

ちなみにその日私は病院で点滴打ってました。胃腸炎ェ・・・

私のことはさておき、いよいよFC刈谷との運命の一戦がはじまります。キックオフ!

メンバーは1戦目とほぼ変わらず。上手くいってるときはいじらない、基本ですね

試合内容は前半は終始刈谷ペース?刈谷の猛攻を弘前が耐える、そういうギリギリの試合だったようです

しかしゴール前に放り込んだクロスが風に流されそのままゴールインしちゃったって感じの失点だった模様・・・

その後は何度も決定機を作られながらも弘前の魂のディフェンスで1-0で前半を折り返します

後半になると大和とシカさんが削られ怪我で交代などアクシデントもありながらも徐々に弘前の攻撃機会も増え何度か決定機も作れたようですが刈谷のゴールは揺らせず・・・

このまま0-1で試合終了、惜敗となりました

他会場を含めた2日目の結果はこちらです

 

Group-A

刈谷 1-0 弘前

十勝 3-0 高知U

Group-B

浅間 1-2 鈴鹿U

加古川 1-2 JF宮崎

Group-C

松江C 4-2 栃木U

お京都 3-2 福井

 

この結果各地域の順位表はこのようになりました

A

順位 クラブ 勝ち点 得失点差 備考
FC刈谷 +3
北海道十勝スカイアース +1
ブランデュー弘前
高知ユナイテッド -4 敗退決定

三日目

刈谷VS高知

十勝VS弘前

 

B

順位 クラブ 勝ち点 得失点差 備考
鈴鹿アンリミテッド +1
J.FC MIYAZAKI +1
アルティスタ浅間
バンディオンセ加古川 -2 敗退決定

宮崎VS浅間

鈴鹿VS加古川

 

C

順位 クラブ 勝ち点 得失点差 備考
松江シティ +3
おこしやす京都
サウルコス福井 -1
栃木ウーヴァ -2

松江VS福井

栃木VS京都

 

この結果弘前の自力決勝進出は消滅し、勝利は絶対条件+他の試合の結果も合わせないと勝ち抜けできないことになりました

弘前の決勝進出条件はまず十勝戦の勝利は大前提

  1. 刈谷が負ける+弘前が刈谷の得失点差を上回るの大差の勝利
  2. B組の宮崎・鈴鹿の双方の勝利以外の結果の上で京都以上の得失点差

という条件になりました

刈谷の強さ的に①は厳しく、②なら可能性はある・・・といったところですがB組が1位2位勝ち点7で並んだらいくら圧勝しても終わりなのがなんとも厳しい

しかしその望みに賭け、弘前は戦うしかないのです

 

突然ですがここでブランデュー弘前サポによる飯テロタイムです

三日目 11/11 VS北海道十勝スカイアース

泣いても笑ってもこれが一次リーグ最終戦!

決勝進出できなければ、今シーズンのブランデュー弘前の公式戦もこれで終わりになります

勝とう、そして人事を尽くして天命を待ちましょう!

と言うわけで試合なのですが、試合は午後なので他会場を含めた午前の結果から行きましょう

Group-A

FC刈谷 2-1 高知ユナイテッド

Group-B

アルティスタ浅間 1-3 J.FC MIYAZAKI

Group-C

松江シティFC 2-1 サウルコス福井

 

・・・というわけでこの時点でFC刈谷の首位が確定し、弘前の望みはワイルドカードに託すのみとなりました

宮崎も勝利したので午後に鈴鹿が勝利するとどれだけ頑張っても勝ち点で追いつけず敗退となります

弘前と共に加古川も応援しつつ、ブランデュー弘前の最終戦がはじまります!キックオフ!

スタメンは前試合の怪我の影響か大和がいません、和真が入ってシカさんが下がる形のようです

相変わらず入りが悪くて序盤は十勝ペースだったようですが、早い時間に達海のループのような軌道のロングシュートが決まった!!!

地域CL通して初の先制ゴール!!!

ゆりかごパフォーマンスは中津川さんのお子さんへのものだそうです!(ほっこり

パパがんばれよ!・・・という思いが伝わったのか達海からのロングパスに中津川さんが抜け出して合わせるも防がれ、しかし押し込んで2-0!

このまま前半が終了し、後半に入ってもブランデューの勢いは止まらず、セットプレーでまたもや中津川さんのヘッドがドンピシャで決まる!

その後、龍也もゴール!今年大活躍を見せてくれた小田桐龍也選手、津軽出身の選手が地域CLでゴールしたのは初めてではないでしょうか!?

そしてトドメに康介もゴール!

地域CL、十勝スカイアース戦は5-0の圧勝で最終戦を締めくくりました!!!

やれるだけのことはやりました、あとは他会場を含めた最終結果ですが・・・

A

順位 クラブ 勝ち点 得失点差 備考
FC刈谷 +4 決勝進出
ブランデュー弘前 +5
北海道十勝スカイアース -4
高知ユナイテッド -5

 

B

順位 クラブ 勝ち点 得失点差 備考
鈴鹿アンリミテッド +4 決勝進出
J.FC MIYAZAKI +3 WC
アルティスタ浅間 -2
バンディオンセ加古川 -5

 

C

順位 クラブ 勝ち点 得失点差 備考
松江シティ +4 決勝進出
おこしやす京都
栃木ウーヴァ -2
サウルコス福井 -2

 

鈴鹿アンリミテッドの勝利によりB組の1位2位が勝ち点7で並び、WCはB組JFC宮崎が獲得

ブランデュー弘前、決勝進出は果たせませんでした

勝利しても笑顔はない、『あと一点』が届かなかった

けれども2勝1敗得失点差+5は例年なら突破もあり得た立派な成績

来年またこの場所で戦って勝ち抜こう!胸を張って返ってきてください!

まとめ

というわけで地域CLと今期のブランデュー弘前の公式戦はすべて終了いたしました

あーもう本当に惜しかった・・・みんながんばっていい成績だっただけに悔しいし切ない

勝ち点『1点』が足りなかった

もしも刈谷戦の『1点』を防げたら・・・決定機をものにして『1点』取れていたら・・・

或いは鈴鹿VS宮崎があとどちらかに『1点』入って引き分けでなかったら・・・

これだけ『1点』に泣いたのはクラブの歴史でも初めてではないでしょうか

『1点』の重みをチームの財産として、希望も悔しさを忘れずに乗り越えればまだまだブランデュー弘前は強くなるはずです

来年はリーグ戦からしてもっと苦しむことになるでしょう

その時、身をもって知った『1点』の重さはきっと強みになってくれる、そんな気がしてなりません

来年、また勝ち上がって地域CLに行って、今度こそは勝ち抜きましょう!!!

今シーズンの公式戦は終わりましたが12月2日に最後のイベント『サポーター感謝祭』はありますので最後の最後までブランデューで楽しみましょう!!!

-まとめ, サッカー, ブランデュー弘前
-, ,

Copyright© ナコさん.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.