はじめの一歩 今週のまんが感想文

はじめの一歩1214話『鬼と仏』感想&考察、篠田さんが色々とクズな件【マガジンネタバレ】

投稿日:

どうも、娘からインフルエンザBを感染され無事死亡中のナコさんです

それは兎も角、先週休載だったけど今週は文庫6巻、問題の単行本120巻も発売で一歩ウィークって感じですね!

ちなみに120巻は激震が走ったゲバラ戦決着1207話『布団の中で』まで収録でした。久美が見舞いに来て一歩母が冒険の旅~とか言いだした辺りです

いい感じに区切りがついてる感ありますね・・・はい

そんなわけで今週の一歩感想&考察です

 

 

 

Round1214 鬼と仏 あらすじ

一歩にセコンドの話を持ちかける篠田に、一歩の心は揺らぐ

しかし久美はボクシングに近づけまいと篠田に噛みつく

怒鳴る久美に恐縮する篠田にそんなに弱気だと兄を任せられないと菜々子も喚きますます萎縮する篠田

そんな篠田に優しく接する一歩母はまるで菩薩であった

篠田は自分が女性に責められるのが大の苦手であることを告白する

「アレはいつものように私が無料相談所に入ったときのこと

心を決めて出てきたところを女房と鉢合わせしまして

一度や二度のことではなかったので それはもう烈火のごとく怒られましてね」

恐妻家でしたのね、と一歩母に優しく言われる篠田に一歩が純粋な目で質問をする

「無料相談所ってなんですか?」

その場の女子たちは何も知らないので一人大ピンチになる篠田

しかしこの話はうやむやに終わり、鴨川ジムに何があったかの話になる

鴨川会長が入院した、との話でいてもたってもいられなくなる一歩

しかし篠田はただの風邪で高齢故の検査入院だという

今後は会長は鷹村に専念してもらうため、篠田がチーフセコンドを担当する3人のセコンドとして一歩に依頼しに来たようだ

一歩はセコンドの話を「少し考えさせてください」といったん保留にする

1週間後の木村の試合までに答えが欲しいと言い残して篠田は去る

篠田は一歩がセコンドにつくことで青木村と板垣が変われるのではないか、という希望も抱いていた

 

後日、テトラポットで魚釣りをしている一歩の元に久美が現れる

鴨川は一日で退院してしまったらしく会えずじまいだった

あの時即答しなかったのは私への気遣いですよね、という久美

本当は気持ち、固まってるんでしょう?

一歩の決意が籠った目、穏やかな久美の顔、波の音。一歩の結論はーーー

 

感想

本筋はひとまず置いときまして篠田さんこんな状況でしれっとなに言っちゃってんの???ってズッコケたんですけど!

いや正直私も無料相談所って知らなかったけどなんか状況的に風俗?とおもってググったらやっぱそうでしたってオチ・・・

あんなほのぼのした感じの顔して恐妻家で女性に責められるのが苦手で風俗狂いのクズという一面が発覚した篠田さんですけど、必要なんですかこの設定・・・しかもこの局面で・・・w

まぁそれは兎も角、やっぱり欠員は会長。検査入院程度のようでそこは安心しましたが表には出さないでしょうけど一歩の引退で精神面での落胆はあるだろうしもう本当に後期高齢者ですからね、年表で調べたら作中では82歳です。

誰のセコンドになるのかも木村だと明かされました

しかしあと1週間って早すぎない?一歩だめだったらどうすんだろ?とか思いましたが・・・

そして一歩の気持ちが固まってることに気づいてた久美と久美を気遣ってた一歩のシーンにちょっとびっくりしましたね

空気読めるんだ一歩・・・!というかその察する感性を久美の恋心にも応用してやったってください・・・

 

考察

木村のセコンドに付く意味を考える

(恐らく)一歩のセコンドデビューが木村、という展開になりそうなわけですが何故木村なんだろうかとちょっと考えてみます

今の木村タツヤのボクサーとしての状況をまとめると・・・

・作中年齢27歳と若くないのも相まって減量苦がキツくなってる

・青木がやめないならやめないという特に明確な目標がない状態

・青木の代わりに伊賀に挑むんじゃないかというフラグが微妙にある

という感じです

ここで一歩がセコンドに入ることでどうなるか、と考えますと自分より才能も努力もあった後輩が夢を絶たれても激を飛ばしてくれるから弱気になんてなってられないと奮起してくれるんじゃないかみたいな感じでしょうか

今週の話を見る限り鴨川ジムが一歩を連れ戻そうとしているといより篠田の独断っぽいので青木村・板垣に絡めていくんだろうなと思いますね

一歩はセコンドのみ?トレーナーはやらないのか?

あくまでもセコンドに付いてほしいという依頼なわけですが、これで鴨川ジムへの出入りが解禁されるならトレーナーという道もあるのかな、と思うんですがどうか

会長・篠田はトレーナー兼セコンド、八木はマネージャー兼セコンドな訳ですが、一歩も他になんかやったりしないかなと・・・

ミットもったり指導者への道を・・・とか思ったけどインファイト以外は難しそうだなぁと考えるとアウトボクサーの木村・板垣には指導すること無さそうだし青木は変則型だからますます教えることないという・・・鷹村は一歩のミットとか絶対嫌がるわw

まぁぶっちゃけると選手復帰への布石だろうからトレーナーやったところで・・・と言う結論になりますね

 

まとめ

というわけで現実味を帯びてきた一歩のセコンドデビューと篠田さんがクズと判明した今週の一歩でした

やっぱここしばらく鴨川ジムの描写無くて寂しさがあったのでジムへの出入りはしてほしいなぁと思います

ちなみに今週発売の文庫本は表紙の通り全日本新人王、千堂戦であとがきは宮田一郎のキャラ設定です

宮田のまつげ進化録的なのもあるので宮田ファンは見るべき!?

 

※はじめの一歩コンテンツまとめページ※

はじめの一歩

2017年新連載のフレッシュなオススメ漫画5選を全力で紹介!

 

REDEN(リデン) キャンペーン REDEN(リデン) キャンペーン

 

-はじめの一歩, 今週のまんが感想文

Copyright© ナコさん.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.